-

お店にて利用する時みなさん体験がおありかと思いますが、店員が理解していないためどの紙を利用者の方へ提示するのか迷うときがあるのではないでしょうか。

というのも、カードを機械に通すと専用端末より複数の明細というものが出されるためでありこれらのどれを利用者の方へ渡してよいものかどうか迷ってしまうということがあります。

複数枚の利用明細について:これまで述べた明細レシートの説明とは何なのかについてまとめると下記のようになります。

1利用者へ保管してもらう利用レシート。

2店舗で保管するレシート。

3クレジットカード会社保管用明細(サインを書くレシート)。

普通であれば必ずカード利用者に対して渡すべき使用レシートを渡してくれるはずですが、時々、店舗控え明細レシートを客の方に渡すというという場合の他、署名をしたレシートを渡してしまうというなんていう重大なミスすら存在するのです。

このパターンは時間給店員であったり普段クレジットカードが利用されることの少ない店頭でクレカを使うとこのようなスタッフの焦りというものが見られるのではないでしょうか(笑)。

万が一店舗スタッフが違う利用レシートというものを渡そうとした場合は怒りを抑えて「これは違いますよ」と言ってあげてください。

Category

リンク