-

民事再生という手段は住宅のローンを含む多重債務に悩んでいる個人を対象として、住んでいるマンションを手放さずに経済的に再建するための法的機関を通した債務整理の選択肢として利用できるようになった解決策です。過払金返還請求のポイントは弁護士

この法律には、破産宣告とは違い免責不許可となる条件がないので、浪費などで借金を作ったような場合も民事再生手続きは可能ですし自己破産により業務ができなくなる免許で働いているような場合でも民事再生はできます。

破産手続きでは、マンションを手放さないことは考えられませんし他の債務処理方法では、借金した元金は払っていく必要がありますので住宅のローンも返しながら返済を続けるのは多くの場合は難しいと思われます。

とはいえ、民事再生という方法を選択することができれば住宅ローン等を除く借り入れについては少なくないものをカットすることも可能ですのである程度余裕に住宅のためのローンを支払いつつ他のローンを払っていくようにできるというわけです。

でも、民事再生は任意整理または特定調停等とは異なってある部分だけの債務だけを除外扱いして手続きを行うことは無理ですし、破産宣告におけるように返済義務そのものが消滅するのではありません。

他の手続きと比較すると手続きの方法が手間が必要ですのでマンション等のローンが残っていて住宅を維持する必要がある場合等を除いて、自己破産等他の整理方法がない場合の最後の手段としておいた方がいいでしょう。

Category

リンク